コンテンツに進む
 
トップ > 図書 > 書籍 > 安全 > 安全管理 > 重大な事故を防ぐための実践論「活かし・つなぐ活動」の進め方

重大な事故を防ぐための実践論「活かし・つなぐ活動」の進め方


多くの企業・団体・大学で安全衛生活動を通じた元気な人づくり、職場づくりなど現場目線の熱い心で実践論を展開する筆者が、災害の教訓を活かし・つないでいくために管理者に伝えたいポイントを、読みやすくコンパクトにまとめた一冊。

定価 660 円(本体600円+税10%)

協会価格 528 円(本体480円+税10%)

※キャンペーン期間中は3桁のコードとなります。

コードNo.

131(25281)

著者・編者

古澤 登 著

発行年月日

2022年10月14日

第1版

判型/頁数/色刷

A5判/52頁/1色刷

ISBN/分類記号

978-4-8059-2070-1 C3060

この商品の目次

総論 安全活動もコロナの活動も命を守る活動である


各論 安全活動は危機(危険)管理

(1)真の要因を捉え、対策をとる

(2)安全活動を災害を減らすためだけの活動にしない

(3)リーダーの発言と行動は重い

(4)正常性バイアスに立ち向かう

(5)数値管理からの脱却

(6)災害が止まらないなら、対策は重点指向で

(7)「やったやつが悪い!」という対策では問題は解決しない

(8)人の行動に頼った活動の限界

(9)行動にまで移せる教育が大事

(10)災害は職場の代表特性


プラス1補論 「ありがとう」と言われる安全巡視の実践

広告 広告

中災防からのご案内 もっと見る ▶︎