コンテンツに進む
 
トップ > 図書 > 小冊子 > 安全 > 機械安全 > 機械をつくる人、使う人のための 機械安全ABC

機械をつくる人、使う人のための 機械安全ABC


労働災害は減少傾向と言われるが、機械による災害は減少していない。このような現状を踏まえ、機械の安全化について、すべての機械に適用できる包括的な安全確保の方策に関し、機械メーカー、機械ユーザーそれぞれが実施すべき事項を紹介。機械の設計、導入段階などにおいて、人の注意に頼らない機械の安全化への理解を深め、機械の包括的な安全基準に関する指針に沿った、機械の安全化を進めるための手引きとなる冊子。

定価 352 円(本体320円+税10%)

協会価格 282 円(本体256円+税10%)

※キャンペーン期間中は3桁のコードとなります。

コードNo.

132(21626)

著者・編者

中央労働災害防止協会編

発行年月日

2022年4月12日

第1版

判型/頁数/色刷

A5判/16頁/4色刷

ISBN/分類記号

978-4-8059-2043-5 C3060

この商品の目次

1 機械災害の発生状況

2 機械災害の発生内容

3 機械に係る法令

4 機械使用職場におけるリスクアセスメント

5 リスクアセスメントを行う

(1)危険源を同定して危害発生のシナリオをつくる

(2)リスクの見積りを行う

(3)リスクの評価を行う

6 リスク低減方策

Step1 本質的安全設計方策

Step2 ①安全防護

Step2 ②付加保護方策

Step3 使用上の情報

7 おわりに

広告 広告

中災防からのご案内 もっと見る ▶︎