トップ > 定期刊行物 > 定期刊行物 > 安全衛生のひろば > 月刊誌「安全衛生のひろば」2024年7月号
新刊

月刊誌「安全衛生のひろば」2024年7月号


特集:安全職場 警報機器の“適材適所”

安全な作業環境づくりには、手順書や教育のほか、危険な物質や状況を検知・警報するための機器の使用が有効です。そこで、有害ガスや一酸化炭素などの中毒や、火災や電気災害、熱中症など、事故防止のための基礎知識を踏まえ、検知する機器の有効な設置場所、保守・点検など、その「適材適所」を促す使用方法を解説します。 (編集部)

定価 710 円(本体645円+税10%)

協会価格 568 円(本体516円+税10%)

定期購読での最新号のお届けは  毎月1日前後になります。

コードNo.

13407

著者・編者

中央労働災害防止協会編

発行年月日

2024年7月1日

判型/頁数

A4判変型/64頁

この商品の目次

特集
13 安全職場 警報機器の""適材適所""
   産業用ガス検知警報器工業会 川口 勝也

<安全・安全衛生の基礎知識>
5 マンガでなるほど ゼロ災でヨシ!
  KYT3つの効果
  監修:中災防 教育ゼロ災推進部ゼロ災推進課
  漫画:小石川 カナリ

10 ルポ 安全・健康な職場づくり
  安全衛生標語応募を安全の振り返りの機会に
  向洋電機㈱ (編集部)

22 考える安全衛生法令
  元方事業者などが講ずべき措置
  労働安全衛生研究所アクシス 藤森 和幸

24 やってみました 思い付きを安全衛生管理に活かす
  コラボヘルス②(歯科検診など)
  (公財)大原記念労働科学研究所 福成 雄三

26 事故災害から振り返る安全と対策
  コミュニケーションエラーを考える
  東洋大学 喜岡 恵子

28 化学物質の自律的管理
  有害性リスクの見積もり その2
  NAOSHコンサルティング 中原 浩彦

32 よくわかる! 労働安全衛生マネジメントシステムの基礎知識
  よくわからない日本語の意味を知ろう! ②
  中災防 安全衛生マネジメントシステム審査センター 斉藤 信吾

38 再確認! 感染症 防止と対策
  夏に多いおなかの感染症(食中毒)
  川崎市健康安全研究所 岡部 信彦

40 広げよう安全衛生の知識
  もし、弁護士に相談に行くなら
  髙木法律事務所、弁護士 髙木 浩治

54 安全表示を有効活用
  航空貨物の危険性を確認するための安全表示
  労働安全コンサルタント 中野 洋一

<心とからだの健康>
42 どうする?! メンタルヘルス対策
  合理的配慮と発達障害
  法政大学 小林 由佳

58 気軽にほぐれる タオル体操
  安定した円滑な動作 片足バランス体操
  健康づくり総合研究所 高垣 茂子

60 直伝 魚ヘルシー料理
  イカ
  (一財)東京水産振興会 松本 尚子、栗原 修

<働き方に役立つヒント>
30 わたしたちの働き方改革
  これからの治療と仕事の両立支援(後編)
  ㈱SANYO‒CYP 山村 健司、伊倉 妙子

36 Z世代とのコミュニケーション術
  議事録を作れない新人社員たち
  ㈱健康企業 亀田 高志

44 イマドキ 職場のハラスメント防止事情
  恋愛だと思っていたのは上司だけ
  メンタルサポートろうむ 李 怜香

<読み物>
56 スポーツから学ぶプラス思考
  目標を突破するために
  専修大学 佐藤 雅幸

<トピックス>
50 成長著しいベトナムの安全文化を感じる
  中災防 技術支援部 住 潔

<カラーグラビア>
52 サムライ・ロード
   源義経と屋島の戦い(香川県)
   写真家 箭内 博行

62 江戸の美 匠の技
   東京彫金
   まいにち東京彫金(BIG TREE)

   
46 化学物質管理強調月間の創設について
63 読者のひろば
64 ひろばEditor’s Room